親になるための教育推進事業「親の学びのプログラム~3学年」を開催しました



 12月6日(火)3学年を対象に、宮城県家庭教育支援チームや県教委の生涯学習課、町の生涯学習課の皆様のご指導のもと標記の学習が行われました。これは親になるためにどのように成長していくべきかの意識啓発を促すもので、卒業を控えたこの時期ならではの学習に仕立てられています。両親や祖父母、友人などいろいろな立場の人を想定してアドバイスを考えたりするグループ活動を主に主体的・協働的に学習を進めました。タイムリーに家庭教育支援チームの皆様から支援を受け、豊かな学びができました。山あり谷ありのこれからを一人で悩むことなく歩んでいくヒントを得たのではないかと思います。